剪定した枝木を手早くまとめる方法!面倒なゴミ捨てを簡単に!

はじめに

植木の剪定は、切るよりも後片付けの方が大変!
お庭に大きな植木がある方ならわかると思います。

植木屋さんなら切った木を持って行ってくれますが、自分で切ると切った木をゴミ出ししなければなりません。

先日も伸び切った梅の木をおすすめの高枝切りバサミで剪定しました。

が、ゴミ捨て作業をほったらかしてました。

わたしの住んでいる地域では、長さや太さの制限はありますが枝木は紐でまとめると持って行ってくれます。
以前は紐やスズランテープのようなものでまとめていましたが、緩んだりうまく縛れなくてイライラ…。いちいちハサミで切るのもめんどくさい。

なんかいいやり方ないかなぁ…という方におすすめのアイテムを紹介したいと思います!

ハンディーラップがおすすめ!

オススメしたいアイテムがこちら!

幅の狭いサランラップのようなこの製品、主な用途はダンボールをまとめることです。

ただ、今回のように切った枝をまとめるのにも最適でした!

使い方

①引き出して敷いておく

先に引き出して敷いておくことで、最初の一周を巻くときに簡単です。

②ゴミ捨てできる長さにカットする

高枝切りバサミで切った枝木は長さがまちまちなので、ゴミ捨てできる長さにカットしていきます。

この時は取り回しの良い普通の剪定ばさみがあると便利ですね。

ちなみにわが家で使っているのは、これ。指くらいの太さなら頑張れば切れちゃいます。

③切りながらどんどん積み上げる

どんどん切って積み上げていきます。

葉が付いている方を上下交互に積み上げると太さが整ってまとめやすいです。

④木を回しながらキツく巻く!

積み重なったら赤い持ち手を持って木にグルグル巻きます!

コツはふたつ!

ひとつ目は赤い持ち手とラップの芯を一緒に持って、なるべくキツく巻くこと。赤い部分だけ握るとラップ芯がどんどん回るのでキツくできません
軽く芯を抑えながら、束ねた木を軽く持ち上げたり、回転させながらキツく巻いていきます。

ふたつ目は三カ所くらい巻くこと。一カ所だけだと枝がビヨンビヨン飛び出して来て運びづらいです。
三カ所くらい巻くと枝がいい感じにまとまってくれます。

作業時間は大体1時間くらいでした。

ビフォアフターはこちら

before

after

キレイにまとまりました。これならごみ収集してくれますね!

まとめ

庭に木が沢山あると緑が増えて良いのですが、世話が大変ですよね。

少しでも簡単にできるよう工夫していきましょう!

ぱぱ
ぱぱ
簡単とはいえ、結構疲れるんですけどね…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です