キャンプ道具個人輸入に挑戦!やり方説明とコロナの影響でドキドキした体験記

はじめに

これから皆さんにご紹介するのは、はじめて個人輸入をした時のお話。
さまざまな先人のお知恵をお借りして、挑戦した時の備忘録です。

これから始めようと思っている方にすこしでも経験と勇気を授けることができればと思っています。

ぱぱ
ぱぱ
先人の教えがなければ挑戦できませんでした…。
次は私が皆さんに還元する番!

きっかけは?

私が個人輸入に挑戦しようと思ったきっかけは、こちら↓

ペトロマックスの焚き火台、アタゴです。

この焚き火台が欲しいなぁーと思い数ヶ月間、ネットで探していました。しかし探し方が悪かったのか、ずっと在庫切れ、入荷待ちの状態。うーむ…。
コロナの自粛期間が開けた後、キャンプに行くたびにアタゴが欲しいなぁーと思っていました。

そんな折、ふと見つけた先人たちの個人輸入の教え。これは入荷を待たずにアタゴを手にできるかもしれない!そしてあわよくば安く手に入るかも!!

ということで、不安たっぷりではありますが挑戦しようと思い立ったのです。

個人輸入挑戦記(注文方法編)

①アウトドアフェアでアタゴが入荷されるのを待つ

まず、私が購入した海外の通販サイト、アウトドアフェアを紹介します。

引用元:OutdoorFair

 

こちらはドイツの通販サイト。ですが、英語表示もあるので拙い英語力とグーグル先生に翻訳してもらって挑戦していくことになります。

ちなみに私の場合、ペトロマックスのアタゴをアウトドアフェアで検索、見つけ出しカゴの中に入れたものの、ポチッとする勇気が出ず、躊躇している間に在庫切れになってしまうという残念な状態を経験しています。笑

そんな経験があるので、在庫表示された時は不安を振り払って勢いでポチって行きました…。

②アカウントの作成

在庫を確認し、いざ買おう!その時はアカウントを作成する必要があります。

作り方は、まず、トップページの左側、Loginをクリック。

 

次に上の方にある、NEW MEMBERS SIGN UP HEREをクリック。

次から、本格的なアカウント作成項目の記入です。

まずは①上半分の記入をします。

Your First Nameは下の名前、Your Last Nameは苗字をローマ字記入。

Your E-mailはEメールアドレスを記入、その下は同じアドレスをもう一度記入。

Create a Personal Passwordは五文字以上のパスワードを考えて記入、その下はそのパスワードをもう一度記入。

Phoneは電話番号を記入。ここで、電話番号の最初の0を+81に変えましょう!例えば、09012345678という携帯番号であれば、+819012345678といった感じ。東京の固定電話であれば、0312345678を、+81312345678といった感じです。

その下のVAT Registration IDは付加価値税IDのこと。日本居住者が海外通販で請求されることは無いので記入する必要ありません。

その下、ダイレクトメールの有無はお任せします。

次に、②ここをクリック。Same as account info above をクリックすると、下の名前や電話番号情報が自動で入力されます。

そして③住所を記入していきます。英語表記の住所は、日本とは異なります。間違えないように気をつけましょう。
例えば、スカイツリーの住所〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1-2を入力する場合、

Street and No に、1-1-2 Oshiage Sumida-ku
Zip に、1310045
City or APO/AFO に、Tokyo

といった感じ。特にStreet and Noの部分、小さい単位の住所から大きい単位の住所の順で書くところが普段と逆なので注意しましょう。

とはいえ、まずJapanと、郵便番号と、TokyoとかOsakaとかをしっかり記入すること!細かいミスは日本に届いて日本人がなんとか理解できればなんとかなるかもしれません…。

④ここをクリックしてアカウント作成完了です。

③欲しい商品をカゴに入れる

アカウント作成後、欲しい商品をカゴに入れていきます。

今回はこちらのアタゴ。購入ページでAdd to cartと表示されているので在庫されているということです。在庫切れの場合、表示が消えています。

Add to cartの下には日本へのシッピングコスト(送料)の表示と、出荷にかかる日数が表示されています。

クリックするとカートの中が表示されて、右下には商品代金、送料、その合計金額が表示されます。
表示金額はユーロです。日本円に直す場合はネット検索するとその日の為替で変換してくれるものが出てくるので利用しましょう。

もし問題がなければ、Checkout Now をクリックしましょう!

④購入、支払いする

まずはシッピングオプション。特に希望がなければ送料の安い、上のスタンダードでいいと思います。チェックしたらContinue Checkoutをクリック!

次に支払い方法を選択。アウトドアフェアは多くの人が体験記を載せている安心できる通販サイト。私はクレジットカード支払いをしました。
心配な方はPayPalを使ってみてもいいかもしれません。

チェックしたらPurChase(payment required)をクリック!

まずは言語を日本語に。それだけでもちょっと安心感があります。笑

通貨の選択は、基本ユーロでOK!

金額を確認し、クレジット会社のマークをクリックして(仮にVisaで)


普段ネットで通販しているようにカード番号やセキュリティコードを入力していけばOKです!支払いをクリックして完了です!!

⑤メールが届く!

すると、アカウント作成時に入力したメールアドレスに注文内容が届きます。

間違っていないか確認しましょう!

ちなみに実際に注文した際は、焚き火台アタゴのケースと、なんとなくの勢いで火吹き棒も注文してます。笑

個人輸入挑戦記(届くのを待つ編)

①出荷連絡のメール受信

注文確定をした次の日、上記のメールが届きました。内容は出荷完了とDHLの追跡番号案内です。

たしかにアウトドアフェアでも出荷日数も1日だったので、確かにすぐに出荷されました。一安心。

DHLの追跡番号をクリックすると下記のようにDHLのサイトに飛んで、状況を確認することができます。

②待ちくたびれ不安になる

上記のDHLの表示は、すでに届いた現在の状態。そのためスムーズに届いたのかと錯覚してしまいますが、あいにくスムーズには行かず…。

個人輸入は時間がかかるものと理解しながらも、なかなか進まないステータスに焦り不安になっていくのでした。

そして、注文確定して13日後、問い合わせのメールをしてみようと試みるのでした。

③問い合わせメールを送る

焦った私は、確かに荷扱いが行われているかアウトドアフェアにメールしてみることにしました。

注文確定時に送られてきたオーダーナンバー、カスタマーID、オーダーデータ(日付)が記載されているこのメールに返信。
このメールアドレスに返信することで担当者に届き、注文内容も確認しやすいみたいです。

さらに私が書いたメール本文はこんな感じ。

 

to whom it May concern
(ご担当者様)

Hello.
(こんにちは)

I placed an order on NOV.2.2020.
(2020年11月2日にオーダーしました)

My order number is ———.
(オーダーナンバーは——–です。)

It seems that the package has not been shipped for 10 days from 〇〇.
(荷物が10日間、〇〇(地名)から出荷されていないようです)

Could you let me know what is going on?
(何が起きているか教えて頂けませんか?)

Thank you.
(ありがとう)

 

といった感じです。本当に正しいか判断できる英語力がありませんが、なんとか伝わってると思います…。

そして次の日に返ってきた返事がこちら。

要約すると、日本へは10〜14営業日かかるので、通常配送の時間内です。加えてコロナの影響で出荷プロセスが遅れてるかも。
心配しないで大丈夫!

ってことみたいです。

このメールでもあるように、やはりコロナの影響があるようですね。飛行機の便数も減っているでしょうし、遅れるのも納得でした。
折れそうな心をなんとか持ち直し、さらに待ってみるのでした。

④日本郵政の追跡番号が届く

待つこと数日、ついに新たな進展、日本郵政の追跡番号が届きました。

これを見て頂くとわかる通り、11月4日の現地ドイツでの集荷から徐々に自宅に近づいていく様子がわかります。

⑤品物が届く!

そしてついに品物が自宅に届くのでした。11月2日の注文確定日からちょうど1ヶ月。12月2日に手にすることができました。

大きいダンボールに緩衝材の紙がぎゅうぎゅうに詰められての到着です。はるばるドイツからお疲れ様でした。

税関について

個人輸入で取り寄せた品物は、税関手続きを経て手元に届けられます。

今回の私の場合、291,61EURの商品/送料代金の支払いに加えて、税関額として1900円を支払いました。
支払いは普段の着払い時のように、商品受け取り時にお金を払う形でした。

詳しい税額計算については、税関公式サイト等を確認いただくと良いと思います。
私もなんとなく理解はしていますが、人に説明できるほど理解できているかは自信がありません。笑

私の場合は、日本で手に入れにくい商品を手にするため!でしたが、
とにかく安く手に入れたい!という方は税関額もしっかり計算する必要がありそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?不安いっぱい初めての個人輸入は無事に成功することができました。

ネットで世界中どことでも繋がれる今の時代。欲しいものがあれば世界中から取り寄せることができます。

日本では手に入りにくいもの、珍しいものを手に入れたい時は、勇気を出して挑戦してみてくださいね!

ぱぱ
ぱぱ
アタゴのレビューはまた後ほど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です