子育て世代のクリスマスはIKEAの組立て時間10分大きめフェイクツリーで安くおしゃれに!

はじめに

IKEAのクリスマスツリーと言えば生木!というイメージが強いかもしれませんが、我が家はIKEAのフェイクツリーを昨年購入し、今年も飾りました。

購入を検討していた時は生木も候補に入っていたのですが、様々な理由からフェイクに。でも、これでも十分満足できているんです。というか、こちらの方が子育て世代の私たちには合っているかも!?特にIKEAの場合は、高さ150cm以上の少し大きめサイズをお探しの方には本当にオススメです。

今回は、我が家がなぜIKEAのフェイクツリーを選んだのか、生木とも比較しつつご説明しようと思います。

IKEAのフェイクツリーのいいところは?

2種の葉で本物感を

IKEAのフェイクツリーは、2種類あります。

VINTERFEST ヴィンテルフェストの『アートプラント』と『人工観葉植物』です。正直、人工観葉植物は論外。葉の密度が疎で、安っぽく見えてしまうなというのが私の第一印象です。

オススメなのは、我が家が購入したアートプラントの175cmサイズ。

アートプラントは140cm、175cm、220cmの3サイズ展開なのですが、140サイズは葉の種類が1種類なのに対して175cmと220cmは2種類の葉で作られています。

その2種類というのが、こちら⬇︎

140サイズは、写真上の1種類のみ。写真下の方が本物感がありませんか?1種類よりも、2種類が混ざることによって奥行きが出ていい感じに見えます。大きめサイズを検討中の方にオススメと言ったのは、これが理由です。

また、おそらく写真上の方が生産上安く仕上がるのですが、全て写真下の素材にするのではなく、2種類を混ぜることによって価格を抑えたのではと思います。

まま
まま
これはあくまで私の見解ですが、、、

生木と比べたら見劣りするかもしれません。が、生木の場合は言葉の通り生きている木なので、形状や葉の付き方、高さなどがまちまち。選ぶ側のセンスや良い状態の木の在庫状況にかなり左右されます。その点フェイクツリーは、一定のクオリティで毎年楽しめますので、心配事が少なくて済みますよね。

我が家はまだ子供達が小さく、自由に行動できることが少ない状況。選んでいる間も待っていることができないので、生木を飾るのには向いていない家庭だなと判断しました。

安い

そう、IKEAと言えば、コスパが良いことで有名です。このツリーも例外ではありません。

175cmサイズは2,999円、220cmサイズは6,999円(どちらも税込、ネット価格)と破格です。このクオリティでこのお値段は、さすがIKEAといった感じです!前述したように、素材の選定により安くできているんだろうなと思います。

ちなみに、生木は1本999円〜6,999円までと、サイズによって値段が決められているようです。クリスマスが終わったら返却するシステムなので、毎年一定の額がかかります。数年でフェイクツリーの方がお得になりますね。

葉が落ちない

当たり前ですが、生木と違って葉が落ちることがありません。ずっと同じ状態を保つことができます。生木だと結構葉が落ちて掃除が大変という声もちらほら聞くので、この手間が嫌な方はやめた方が良いかもしれません。

組み立て簡単!

組み立ては、10分もあれば余裕でできます。

土台を作って、、、

差し込んで、、、

枝を整えるだけ!

まま
まま
周りがガチャガチャしていてすみません、、、

飾りつけると、こんな感じになります!

コンパクトに収納できる

クリスマスが終わったら、フェイクツリーの場合片付けて収納しなければなりません。我が家は購入したときのパッケージ(ダンボール)に入れ直して収納しているのですが、出した時と比べるとかなり小さくなります。

ギュギュッと押し込むと、箱の中に全部入ります。

箱に詰めると、幅75cm程度、高さ30cm程度、奥行き15cm程度の大きさに。押入れやクローゼットに楽々入るサイズです。

生木の場合、クリスマスが終わったら収納するのではなく、IKEAに返却します。返却が結構面倒だな(というか、そんな時間を作れない可能性が高い)、、と思ったのも、我が家がフェイクツリーに決めた1つの理由です。

IKEAのフェイクツリーのダメなところは?

生木の雰囲気には勝てない

ここまではフェイクツリーの良いところばかりをお伝えしてきましたが、やっぱり、生き生きした生木の雰囲気には勝てません。。。造花と生花、どっちが好き?と聞かれたら、ほぼ全員が生花と答えるのではないでしょうか。それと同じです。

生木は葉や枝に個性があって毎年違う雰囲気を楽しむことができますし、時間があるなら、どれがいいかな〜と家族で選ぶのも楽しいですよね。

言っていることがさっきと違うじゃないか!と思うかもしれませんが、物は考えよう、、、です。笑 それぞれのご家庭によって状況や捉え方が変わると思うので、あくまで参考程度に、、、

 

まとめ

読み返してみたら生木のことを悪く言っているように見えますが、そんなことはありませんのであしからず!!

私たちも子供達が大きくなって、フェイクツリーが壊れてしまったりしたら、次はIKEAの生木を家族全員で選びに行きたいと思っているのです。やっぱり、見た目・雰囲気ともに、本物に勝るものはありませんよね。

朝早く行って選んだり、こまめに掃除したり、返却しに行ったり、、、そういったいろんな手間が楽しいと思えるような状況になるまではお預けです!

というわけで、小さなお子様がいらっしゃるご家庭にはIKEAのフェイクツリーをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です