床材の張り方に迷う。ウッドデッキDIY⑤斜めカットの根太、床材一列目取付

 
前回、 束柱・根太・根がらみ設置 まで行いました。
 
 
今回は斜め部分の根太と、家側の床板一列目の取付まで行います。
 

床板を斜めにカットしたい

 
デッキの形を決める際、わが家では、真四角でなく角をカットした形にしようと考えました。(下図の右下部分)
 
 
理由は、靴で歩くスペースを空けておくため。
 
ガーデニングをするときに裏の倉庫に歩いていくだろうと考えました。
角の部分は1メートル位の大きな庭岩があったので、スペースが狭く、真四角にすると膝をぶつけそうだなぁと。
 
斜めにカットするということは、斜めの部分に床板を留める根太が必要。
ということで、根太を斜めに取り付けました。
 

実物合わせで根太をカット

 
 
根太に、斜めの部分となる根太を乗せて角度を採寸しました。
上から見るとこんな感じ。
 
 
下から覗き込み、取り付ける根太にカットする線を書きます。
 
 
 
その線に沿ってのこぎりでカット。下孔を斜めに開けて取り付けます。
 
 
 
ザックリ切ったので少し隙間が開いてしまいましたが、床板で隠れるのでOK。
 
床板が浮かないように固定されていれば大丈夫。
 
 

家側の一列目床板をどう留める?

 
 
束柱、根太、根がらみが取り付けたので、ついに床板です。
 
最も家に近い一列目から床板を張っていきます。
しかし、窓のサッシが床板を覆うので、根太にビスを打てません。
 
そうなるだろうなぁとは思っていましたが、どこかしら留めれば何とかなるだろうと考えてました。
 
ぱぱ
ぱぱ
それが甘かった…。
 
デッキの幅が5メートル以上あったので、長手方向にも繋いで作る必要があったのですが、そのうち一枚が完全にサッシの下に隠れてしまいました。
 
困った。
 
 

作戦①少し見える床板上面に無理やりビスを打つ

 
失敗。
 
下穴を開ける際、皿取りの深さを決めるドリルストッパーがサッシに当たって、サッシが削れてしまいました…。
 
黒が剥げてしまった…。
 
 

作戦②根太から床板に向かってビスを打つ

 
それも失敗。
 
下からネジを打っても床板が根太に引き込まれず、床板が浮いてしまいました…。クランプを取り付けるスペースもなかったことが原因です。
無駄な穴が空いてしまった…。
 
 

作戦③側面から斜めにビスを打つ

 
 
最終的に、側面から斜めに打つことにしました。下孔の皿取りを深めにし、ビスが見えないように。今回床板の厚みを30mmにしていたので可能でした。
 
 
 
 
上の写真のビスの上、1回目の失敗でサッシの黒が剥げたところです。笑
 
本来の取付としては不十分ですが、サッシの下でガタつかなければ良いと割り切りました。
 
次回は、立ち水栓を避ける切り欠き作り、床板張り完成です!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です